こんにちは、的場です。

 

僕は転売ビジネスで起業して約1年ほどになります。

いつかは起業したいと思い当時転売の月利で180万円程ありましたが、なんだかんだ

サラリーマンをやめることに対して躊躇していました。

 

しかしいつまでも躊躇していては起業は出来ないと思い

思い切って脱サラ起業したわけですが・・・

 

あなたは、脱サラ起業と聞いてどの様なイメージを持ちますか?

 

・転売で脱サラなんて出来るのか?

・出来たとしても長くは持たないのではないのか

・失敗しそう

・自由な生活が送れそう

・膨大な資金が必要そう

 

ここら当たりでは無いでしょうか。

僕も起業前はこのようなことを考えていました。

 

僕もまだまだ起業して一年程度のひよっこですが、実際に起業してみて

僕が感じているメリット・デメリット、意外と大したことなかったこと

考えなければいけないこと、普段の生活などについてお話しようと思います。

 

転売ビジネスでの起業は高リスクでは無いのか?

pak86_atamawokakaerudansei20131223_tp_v

 

転売ビジネスで月収で180万円を稼いでいても中々脱サラ起業に

踏み出せなかった原因は、なんだかんだここにあります。

 

そこまで稼ぐ前までは、「月収で50万円もあれば本業の3倍以上の収入だし余裕でやっていけるだろ!」

と僕も考えていました。

 

ところがいざ180万円も稼いでみると、本当に会社を辞めても大丈夫なのだろうか・・・

という強烈な不安感に襲われました。

 

きっとあなたも転売ビジネスで稼いで、本格的に脱サラを考える様になると

そのような心境になると思います。

 

転売ビジネスで起業することは高リスクではないのか・・・?

そう考えるのは普通のことです。

 

僕が実際に起業してみてこの考えに対する僕の考えは

1つのノウハウで稼ぎ続けようと言う考え方は危険だということです。

 

例えばあなたが何かの転売手法で月収100万円を安定的に稼ぎ続けて

これで一生やっていけると思って起業したならばそれは危険ですね。

 

脱サラ起業がゴールではなく、起業家としてのスタートだと

考えて、日々勉強出来る人は起業しても上手くやっていけると思います。

 

実際に僕も今の転売手法がずっと続くとは当然思ってはおらず

他の転売手法の勉強や、最近形になってきた情報発信の勉強を

ここ1年取り組んで来ました。

 

この姿勢を保ち続けることが出来る人は月収50万円とかの段階で

起業してしまってもうまくいくと思います。

 

しかしこの姿勢は結構難しいものです。

 

今こうやって偉そうなこと言っている僕も、起業して2ヶ月ほどは

何にも縛られない開放感からサボり過ぎてしまいました。

 

人間は弱いものです・・・

 

ここで、やばい!と気づけるかどうかですね。

この姿勢がある人はなんだかんだうまくいきますね。

 

逆に起業をゴールとし、そこから精進できない人にとっての

転売ビジネスでの起業はリスク大だと考えています。

 

起業すると、ソレしかやることがなくなります。

そこで変な方向に走らずに次のビジネスを展開していけるならば

サラリーマンをやっているよりよっぽど起業の方がリスクが低いと思っています。

 

脱サラ前は、何だかんだ固定給がなくなることは本当に怖かったですが

今となってはマジで大した事ないし、なんとかなるなと思っています。

 

なのでまず、あなたも転売ビジネスで月収100万円稼ぐことを

目指してみてください。

 

ちなみにネットビジネスはブログアフィリやら転売やらユーチューブやら

色々とありますが、初心者は必ず転売ビジネスから始めてください。

 

その理由は以下の記事にまとめてあります。

ネットビジネス初心者は物販から!これゼッタイ!

 

1つの転売ビジネス(キャッシュポイント)から脱却するには?



 

 

 

 

 

さて、これまでは転売で起業しても起業当初の手法のみに頼らずに

次のビジネスを展開していく必要があることをお伝えしました。

 

おそらくあなたが転売ビジネスで起業する時には

寝る間も惜しんで転売に取り組み、月利で100万円が安定してきて

よし、脱サラするぞ!となると思うんです。

 

この状況で脱サラした場合、時間が出来たとは言え転売での利益を維持したまま

次のビジネスを展開するとなると結構難しいものがあります。

 

転売で結果を出した方はわかると思うのですが新しいノウハウに取り組んで

そこからある程度の収益化を図るためには結構な労力がかかります。

 

転売の利益100万円を維持したま、新しいキャッシュポイントの構築・・・

これは中々難しいものなのです。

 

まあ寝ずに働き詰めになれば可能ですが

それは嫌ですよね・・・?

 

それでは、最初に始めた転売ビジネスの利益を維持したまま

次のビジネスにも着手でき、なおかつある程度時間も残すための方法と

テクニックをお伝えします。

 

作業は他人に任せる

 

転売ビジネスのタスクの中にも、自分がやる必要があるタスクと

誰がやっても結果が同じタスクがありますよね。

 

その誰がやっても同じ部分をお金を払って他人にやってもらいます。

いわゆる「外注化」ですね。

 

この、誰がやっても同じ部分と言えば例えば

出品作業や梱包作業がこれに当たりますよね。

 

例えば自分じゃないと出来ない部分というのは

例えばリサーチになります。

 

何もすべての作業を自分でやる必要は無いのです。

と言うよりは、すべての作業を自分でやっていてはいつまでたっても

次のSTEPに移る時間が出来ません。

 

人にやってもらうとなると、

「え、人を雇うの!?そんな余裕まだ無いよ・・・」

という声が聞こえてきそうですが全くその心配はいりません。

 

確かに人に報酬を支払ってお手伝いして貰いますが

社員雇用するわけでもありませんし、アルバイトですらありません。

 

個人間の契約、と言った感じです。

その報酬も極めて安いものです。

 

僕は無在庫転売の出品作業を外注化していますが

1出品当たり10円の単価で十分にやってくれます。

 

凄く頑張って月に2000品出品したとしても

外注費は月に2万円しかかかりません。

 

初心者の方にとっては「月に2万円も!?」と思われるかもしれませんが

少しでも物販で稼いでいる方にとっては月に2万円で買える時間の方が

遥にメリットがあることが理解できると思います。

 

この外注化して買った時間で次のビジネスを展開していけばよいのです。

これはとても重要な概念です。

 

ちなみにこのお手伝いしてくれる方は以下のサイトで募集をかければ

普通にたくさんの応募があります。

 

●クラウドワークス

 

この概念が無いとある1つの手法で稼げたとしても

いつまでも次のSTEPに進むことが出来ません。

 

なので僕は常日頃から外注化出来ない物販はある程度のところで

早々に手を引くべきだと言っています。

 

その代表が実店舗で仕入れてAmazonで販売する

店舗型の仕入れの転売ですね。

 

店舗仕入れは実際にお店に行ってリサーチして仕入れなければ

ならない特性上、どうしても外注化は難しいです。

 

これを他人にお手伝いしてもらおうと思うと社員かアルバイトとして雇って

出社してもらわなければなりません。

 

そうすると必然的に相手方に支払う報酬額も跳ねがりますし

何より外注として応募してくる方は、空いた時間でPCで出来る作業を

望んでいるのでそもそも採用が難しいのです。

 

だから常々僕は転売はネットで仕入れるスタイルを取らなければ

いつまでたっても自分が働き詰めになるし、次の展開に持っていけないと言っています。

 

ちなみに僕が取り組んでいる国内無在庫転売はネットで仕入れネットで販売し

なおかつ商品を自分で見ないので100%の外注化が可能です。

 

国内無在庫転売についての詳細はこちらをご覧ください。

●Amazonを使って無在庫転売する方法

 

起業して困ったこと

freee151108088447_TP_V

とは言え、何だかんだで僕も起業して不遇だなあ・・・

と感じた事もあります。

 

それは起業したては社会的信用が低いなあ、ということです。

 

具体的に言うと、起業して東京に引越しする時に当然家を借りるのですが

家が借りられないんですよ笑

 

要するに、「お前には家賃の支払い能力はないだろ!」と言われるわけです。

月収で180万円あってもです笑

 

なんだかんだ日本の社会は給与は安くても固定給のあるサラリーマンの

社会的信用はとても高くてクレジットカードの審査やローンの審査、

賃貸の審査に強いんですね。

 

これは起業して感じたデメリットです。

 

まあずっとこの社会的信用度が低い状態が続くかというとそうでは無くて

税金を前年度に確定申告で税金をたくさん納めれば社会的信用度は高くなります。

 

それでもサラリーマンの高額納税者には勝てないでしょうが・・・

 

しかし高額納税すれば・・・と言っても手元にお金を残したいわけで・・・

まあ税金のお話は長くなるのでこの辺にしておきます。

 

あとは、どうしても引きこもりがちになります。

 

僕のやっている物販は自宅で完結してしまい、商品自体も見ることが無いので

本当に家から出る必要が無いんですよね。

 

情報発信もPCさえあれば出来てしまいます。

 

だから一週間の内、発した言葉が「あ、レジ袋いいです」だけなんて

普通のお話でした。

 

そうなると、どうしても心が病んでくるんですよね。

 

僕は起業したての2,3ヶ月で自分でも精神的におかしくなったなと

思う時期がありました。

 

具体的に言うと、すべての現象をネガティブに捉えるようになったり

人と会うことが億劫になってしまいました。

 

それが外出しなさすぎることが原因だと気がついてからは

なるべく外出し体を動かすようにし、改善されました。

 

憧れていた生活にまさかの落とし穴が待っていましたね。

 

まあでも困ったことってこれくらいです。

起業して得られたもののほうが圧倒的に多いので次はそれを紹介したいと思います。

 

僕が起業して得られたもの



 

 

 

 

 

 

それはズバリ自由です。

 

もちろんビジネスも頑張っているのですが、寝たい時に寝ますし

起きたい時間に起きます。

 

サラリーマンが死に顔で出社するのを横目に僕は私服で

朝のコーヒーを買いにコンビニへ向かいます。

 

平日のド昼間の空いたジムで汗を流しにも行きますし

予定を入れるときは必ず土日は避けます。

 

だって混むから・・・

 

僕はあまり物欲が激しい方ではないのですが普通に買いたいものは買いますし

昼食でいくら使ったとかマジでどうでもいいし気にしていません。

 

そして最近はあまり行っていませんが行きたい時に旅行も行きます。



 

 

 

 

 

※伊豆山中の釣り堀



 

 

 

 

 

※美ら海水族館

※石垣島にて

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

※熱海の海鮮丼



 

 

 

 

 

 

 

※沖縄の小浜島の海の水質。すごくキレイです。

 

起業自体はリスクが高く、特別な商才や資金がある人間が行うものだという

認識が世間の認識ですがその考えはとても古いです。

 

安く買って高く売るとても単純な転売で起業しても

年間で数千万円のマネタイズは普通に出来ることなのです。

 

まとめ

転売ビジネスでまだ結果が出ていない方はまずは50万円を目指してみましょう。

それを達成できると遅かれ早かれあとは気合で100万円達成可能です。

 

100万円を達成したら転売ビジネスでの起業を視野に入れてみましょう。

転売ビジネスで起業した場合はそのビジネスの単純作業を外注化し

自分の手を空けて次のビジネスに取り組みましょう。

 

外注化が難しいビジネスはさっさと手放しましょう。

 

こういった姿勢を保ち続けることが出来るのであれば

T芝でさえ倒れかねない今の日本でサラリーマンをやるよりかは

よっぽど金銭面でのリスクは低いと考えています。