的場です。

国内で完結する無在庫転売と言えば代表的なのはAmazon仕入れの
メルカリ無在庫転売ですよね。

ただツールありきのこの手法は既にメルカリよりツールによる商品出品者の
アカウント停止措置が取られ、今から参入する価値は無いかと思います。

なので現状、国内で完結する無在庫転売の手法は
僕の取り組んでいるヤフオク仕入れのAmazon販売しか
大きく稼げる手法は無いです。

今僕がメインとして扱っている事業なのでそのことについて
簡単に解説しようと思いますね。

無在庫転売とは?

通常の物販は、売れるであろう商品を予測して先に仕入れてから販売します。
仕入れ→販売の流れですね。

無在庫転売は、これが逆になります。

売れるであろう商品を先に出品してしまいます。
それが売れた後に商品を仕入れます。
つまり販売→仕入れの流れですね。

「なんだそれだけかよ」と思われたかもしれませんが
販売してから仕入れる、無在庫転売には仕入れてから販売する転売より
かなり大きなメリットがあります。

無在庫転売のメリットとは

まず、売れてから仕入れるので赤字のリスクがありません。

先に商品を仕入れる場合は、競合によって値下げ合戦が起こり
結局赤字で販売したなんてことはよくある話です。

無在庫の場合はそもそも赤字になりそうな価格では出品しなければ
良いので、赤字商品は0です。

後は、売れると思って仕入れたけどカードの支払日までに売れなかったーということも100%ありえません。

販売してから仕入れを行うからですね。

先に商品を仕入れて販売するタイプの転売はどうしても
カード支払い日までに売れ残ってしまう商品が出てきます。

そうなるとカードの支払がしんどくなります。
カードの支払日までに商品が売れなくてリボ払い地獄にハマっている人もいます。

更に無在庫転売の場合は元手資金が殆どいりません。

というのも先に商品を仕入れる場合は一気に30万円とか50万円の仕入れをする必要がありますよね。
ただ、無在庫転売の場合は「売れてから仕入れる」ので先に大量に出品しておけばいいのです。

そしてAmazonは二週間に一回入金があるので入金されたお金を更に
仕入れ金に回すという形で雪だるま式に現金を増やしていくことが可能です。

この様に無在庫転売にはメリットが盛り沢山です。

デメリットと言えば、注文が入った時に仕入れが出来ないリスクですが
これも在庫管理ツールを使えば問題ないです。

ヤフオク仕入れAmazon無在庫転売のやり方とは?

無在庫のメリットについてご紹介したところで
いよいよ僕のAmazon無在庫転売のやり方を紹介します。

おそらくこの手法を発信しているのは僕と僕のコンサル生のみなので
今の段階では貴重な記事になるかと思います。

Amazonの商品ページを自分で作成する

通常は既存のAmazon商品ページに対して自分も相乗りする形で出品します。
例えばこの様な商品ページですね。

キャプチャ

 

 

 

 

通常はこの様な商品ページに相乗り出品をします。

しかし僕の手法では、
ヤフオクにはあるけどAmazonに無いものを自分でAmazonで商品ページを作成して販売します。

先にAmazonで商品ページを作成してしまい、Amazonで売れたらヤフオクで仕入れを行います。

なのでライバルもいませんし、自分の言い値で商品を販売することが可能です。

Amazonで新規商品ページを作成するには

Amazonで新規商品ページを作成するというとハードルが高く感じるかもしれませんが
全くそんなことありません。

一個人である僕自身も既に15000品以上の新規商品ページを作成済みです。

ブランドを取得する

ブランドというとシャネルとかヴィトンをイメージすると思いますが
全く関係ありません笑

通常Amazonで新規で商品を作成するためにはAmazon側に許可を取る必要があります。
そのOK、NGの回答が12時間後くらいに回答が来ます。

ただ、一品出品するのに12時間かかっていては商売になりません。

ここでブランド取得の登場です。

ブランドを取得すると、そのブランドに関する商品は
Amazonの許可を取ること無く新規商品ページを作成可能です。

例えば「BANDAI」というブランドを取得してしまえば
BANDAIと関係のあるワンピース関連のAmazonに無い商品は
Amazon側の許可を取ること無く新規商品ページの作成が可能です。

つまりブランドを取得してしまえば関連する商品は出品し放題ということですね。

的場の販売例

以下は僕が実際にAmazonで新規で商品ページを作成し
かなりの言い値で販売した事例です。

このような商品は売れやすいです。
ぜひ参考にしてください。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

EXILEのボトルなんて一万円弱で販売しました笑
一万円もあれば象印の魔法瓶の超いい水筒が買えます。

でもEXILEファンにとっては、このプラスチックのボトルのほうが欲しいんですね。
この様に僕の手法では、ファンが多いジャンルを狙ってかつ、Amazonにない商品を
新規で商品ページを作成していくんですね。

なのでこの例のような異常な値段での販売が可能なわけです。

この他にも僕のこの手法では商品を一度も見ることはありません。

通常の物販ではありえないことですね。

この手法の詳細については秘匿性が高いので僕の無料メルマガで紹介していますので
ぜひ登録してください!