的場です。



今日は無在庫転売のリスクについて書こうと思います。



よく無在庫転売はノーリスクと言いますが

実はそんなことありません。


とは言ったところで僕は無在庫転売はやめとけ!

ということが言いたいのではなく、留意する必要があるということをこの記事で書きたいです。


最終的には無在庫派が歓喜する内容ですので

無在庫派のあなたはご安心ください笑

仕入れができないリスク

これは言うまでも無くご理解頂けると思いますが

無在庫販売は仕入れができないリスクはつきまといます。


Amazonで商品が売れたけどヤフオクになかったーという場合ですね。


まあこれの対策としてツールを使って管理したりするのですが

どうしてもリスクは0にできません。


無在庫で注文が入って仕入れができなかった場合

一番気になるのはアカウントヘルスへの影響ですよね。


僕の無在庫転売の手法では仕入れができなかった場合でも

アカウントに影響すること無く対処することが可能です。


その方法は、お客さんからキャンセルをしてもらうように依頼をすることです。


もちろんお客さんからすれば、せっかく注文したのに・・・

という気持ちですから、相手にキャンセルをしてもらうメリットがないと

キャンセルしてくれません。



なので僕の手法ではAmazonポイントの進呈の代わりに

注文をキャンセルしてもらいます。


これでアカウントヘルスへの影響なく、注文をキャンセルすることが可能です。

仕入れてから注文をキャンセルされるリスク

有在庫の場合はもし注文をキャンセルされても、そもそもが月に何個も売れている商品なので

再出品すればまたすぐに売れていきます。


しかも再出品の手続きはAmazon側が勝手にやってくれます。


無在庫転売の場合は、Amazonで注文が入ってヤフオクなどで仕入れた後に

注文をキャンセルしてほしいと言う依頼が稀にあります。


Amazonでのルールは購入者からキャンセル依頼があった場合

基本的には応じなければなりません。


では、無在庫転売における注文後のキャンセルが

利益を圧迫するほどあるかというと極稀な例です。


それに注文のキャンセルが入ったとしても

仕入れてしまったものは自身でまたヤフオクで売り直せばいいのです。


そうすれば損失は最小限で済みますよね。

不良品を送られるリスク

無在庫転売では基本的に商品そのものを見ません。

なので、状態の悪い物が購入者に届いてしまうリスクは否めません。


ただし、この例も全体から言えば稀な例だといえます。


万が一、状態の悪いものがお客さんに届いてしまったとしても

誠意を持って謝罪し、返金を行えば良いのです。


お金が全額帰ってきてなお噛み付いてくる人はいないので・・・

返金すればその分赤字じゃないか!と思われそうですが

上にも書いたようにこのような事象自体が稀です。


これで売上を圧迫するようなことにはまずなりません。

ほとんどの人が無在庫物販に取り組んだほうが良い・・・

僕は、一無在庫転売実践者として敢えてリスクを上げてみましたが

これくらいでしょうか・・・


果たしてこれはリスクのうちに入るのでしょうか。


入ると言えば入りますが、僕は無視していいレベルだと考えています。


今回上げたリスク以上に無在庫転売のメリットは大きすぎます。


最近あった例で言うと飲食店を経営している方が

第二のキャッシュポイントが欲しく、物販を始めたいということで

私のところへ相談に来られました。


僕も飲食店でアルバイト経験がありますが

飲食店は週6勤務で昼間から仕込みをし

帰宅は日付が変わる頃になります。


しかもお話をよく聞いてみると、資金もそんなに無く

クレジットカード枠も100万円も無いようでした。


・本業が多忙

・資金がない


上記の理由から僕はネットで完結できる無在庫転売を

おすすめしました。


しかし彼は現在店舗仕入れで収益化しようとしています。


いやー厳しいでしょう笑


資金が50万円しかないのに

月収100万円を達成しようとしているのと同じです。


しかも店舗仕入れは週に一回のお休みの日しか

仕入れに行けませんよという・・・


仕事の日は昼間から仕込みをし、深夜まで働いていますからね。


この状況でどうやって物販で収益化を図るのか・・・


完全に物理的に無理な気はしますが、まあ彼の決めたことです。

実践者の言うことを聞け、とはまさにこのことですね。


とは言え、別に彼が特殊な状況下では無いと思います。


殆どの方が週5,6日を朝早くから夜遅くまで働いています。


資金だってそんなに持っていません。


かつてサラリーマンだった私もそうでした。


サラリーマンなんてそんなもんです。


その状況下でなぜ僕が物販で月収180万円を達成できたかというと

それはまさに自宅で完結できる、無在庫物販に取り組んだからなのです。


忙しいサラリーマンは店舗に仕入れに行く時間も無いし

お金の無いサラリーマンが有在庫をする資金があるわけもないのです。


そのようなサラリーマンがどうやって物販で成功を

収めるかというと、自宅完結型の無在庫転売の方が圧倒的に可能性が高いわけです。


前述の飲食店経営者はお店と店舗仕入れをどうやって両立させるのだろうと

心底疑問に思います。


少し考えればわかりそうですけどね笑

まとめ

・確かに無在庫転売にもリスクは有るが、メリットのほうがデカすぎる

・時間、資金からほとんどの人間が自宅完結型の無在庫転売を行うのが一番幸せ