こんにちは、的場です。
あなたはメルカリを知っていますでしょうか?




今や国内で完結する物販に取り組んでいる人の殆どはメルカリを仕入先や販売先に利用しています。
今やメルカリは転売の仕入先において必須の市場だといえるでしょう。

今日は「メルカリ」について解説したいと思います。


メルカリの特徴

メルカリユーザーは、主婦や学生層がメインで日用品の不要品販売や
できるだけ商品を安く買おうという潜在意識を持った層が集まっています。

また、ユーザーは取引のやり取りの際に「個人と個人のやり取り」という意識が高く
ヤフオクに比べてビジネス意識を持っていない層が多いです。

なぜメルカリは必須か?

メルカリはヤフオクに比べて安く仕入れができる場合が結構あります。
というのも、ヤフオクユーザーに比べて、

ビジネス意識が低い
商品の価値をわかっていない
お金をあまり持っていな

主にこの様な背景があるので、物が相場よりかなり安く販売されているケースが多いのです。
実際に僕もメルカリにはかなりお世話になっています。


基本的にはヤフオクの商品をリサーチするのですが、実際に仕入れをする前に
メルカリにもっと安くないかなーというワンクッションを必ず入れます。


このワンクッションを入れることで1商品あたりの利益が1000円も2000円も
多く取れる場合もあります。

メルカリで安く仕入れができた実例

とまあ、つらつらと文字だけで解説してもあれなので
実際に僕がメルカリを使ってオイシイ思いをした実例を挙げてみたいと思います。

百聞は一見にしかずですね。


キャプチャ29


これはBIGBANGとローソンがコラボしたラバーバンドの全種セットなんですけど
僕はこれをAmazonで8000円くらいで販売しました。


ヤフオクから仕入れれば3000円ちょっとで仕入れできそうな感じですね。
十分にオイシイ商品です。


しかし僕はここから更にメルカリでもっと安くないかな・・・とリサーチを掛けます。
するとありました。


キャプチャ30


これです。
メルカリで買うと1000円ですね。


今回の例で言うと、メルカリもちょこっと調べるだけで2000円も利益がたくさん取れたのです。
なのでメルカリの導入は必須ですね。


メルカリ仕入れでの注意点

こんな感じでメルカリでの仕入れは非常にオイシイのですが、
正直ユーザーの質はヤフオクよりだいぶ低いので何かとストレスが溜まることもあります。

僕が経験した中での注意点をお話しますね。


・取引連絡を怠らない

メルカリユーザーは個人と個人でのやり取りをしているという意識が強いので、例えば
「購入ありがとうございます!」とか「先程発送しました!」という返しようの無い連絡に対しても何か返したほうが良いです。


なぜかというと取引終了時の評価で連絡が一切ないので不安でしたとコメントされ「普通」や「悪い」評価をつけられる可能性があります。
普通や悪い評価が貯まっていくと、ブロックされてその人の商品を再度購入できなくなったり
他のユーザーからも取引してもらえない事が起きてきます。


僕は結構この絡みで普通評価や悪い評価が多めなので過去に取引を断られたことが何度かあります。
大量に購入しているんでね・・・忘れてしまうんですよ・


なので何らかのリアクションはした方がいいです。

「はい!」だけでいいんで笑
全てこれで対応できます。


・送料を確認する

メルカリ出品者が送料を着払いに設定している可能性があります。
殆どの出品者は送料を負担してくれているのですが中には着払い設定の出品者もいます。


ここをきちんと確認しておかないと、送料分考慮すると赤字だった・・・なんてことになり兼ねませんので。



まとめ

・メルカリはヤフオクより安く仕入れができる場合が結構ある
・仕入れをする前にメルカリもリサーチ
・メルカリ出品者の連絡に対しては「はい!」とレスしておく
・送料が元払いか着払いか確認しておく