こんにちは、的場です。

よく転売には元で資金が必要だと言われますが、例えば月利30万円を目標とした場合
いくら現金またはクレジットカード枠が必要なのかを検証していきましょう。

転売実践者の利益率

転売ビジネスの実践者の一般的な利益率は約10%~25%くらいです。
目安としては、

10%・・・最低限の利益率
15%・・・一般的な利益率
20%・・・よい利益率
25%・・・かなり良い利益率
30%・・・普通では行かない利益率
40%以上・・・かなりぶっ飛んだ利益率。特殊なノウハウあり


このような感じです。
ちなみに僕の物販の利益率は40%~50%弱くらいです。
税理士先生もおったまげておりました。

利益率から必要な資金額を把握する

頭のキレる人はこの時点でお察しかもしれませんが、必要な元手資金は
自分の目標金額と利益率で決定します。

ますは月利30万円までの初心者が月収30万円を達成するための軍資金が
いくら必要なのかシュミレーションしてみましょう。


とりあえず一般的な利益率である、15%で計算しましょう。

利益率15%で月利30万円を達成するための売上(X)は・・・

売上(X)*利益率(15%)=30万円

売上(X)=200万円

中学生でもできる計算でドヤ顔・・・?

きっとあなたはこう思ったかもしれません。
はい、ごめんなさい・・・

計算結果から、月利で30万円を達成しようと思うと現金若しくはクレジットカード枠で超最低でも200万円は無いと
物量的に達成不可能ということになります。

でもですね、冷静に考えれば簡単にわかることでも
これをわかっていない初心者は結構います。

色々な初心者のかたとお話する機会があるのですが、いくら稼ぎたいのですか?と聞くと
「まずは50万円が目標です!」とか返事が返ってきます。

そこでクレジットカード枠はいくらあるんですか?と聞くと
「うーん、大体150万円くらいですかね」とか普通にいう人がいます。

無理ですね。

現金もカード枠も少ない場合は・・・

まず、通常の社会人が現金で200万も300万も持っている場合や
カード枠ですらそこまで無い場合がほとんどでしょう(通常そこまで枠があっても使いみちが無いため)

正社員でお勤めの方はすぐに新しいクレジットカードを作成しましょう。
正社員であればAMEXやゴールド、プラチナなどのハイブランドのカードに申し込まない限り殆どの
カードで申請を通すことが可能でしょう。

流石に現金で数百万をいきなり用意するのはしんどいのでクレジットカードを作成しましょう。

カードが作れません・・・


中には、過去にクレジットカード事故を起こしてしまってどうしても
カードが作れない人がいるかもしれません。

そうなると諦めるしか無いのか・・・

大丈夫です。
現状のカード枠で収益を最大化させる方法もあります。


その方法は2つあります。

1.利益率を改善する

一般的な転売ビジネスにおいて手っ取り早く利益率を改善する方法は
中古製品を取り扱うことです。

これは一般的に古いものは価格が下るという世間の認識はありますが
Amazon上だと「古いけど性能がいい物」は中古であっても未だに値段があまり落ちていない商品があります。

具体的には、プリンター、カメラ系、音楽再生機器などがあります。

こういったジャンルで性能がよく未だに根強い人気がある製品はヤフオクで
安く仕入れ、Amazonでびっくりするくらい高く売れることが多々あります。

なので利益率が改善されるのです。

2.無在庫物販に取り組む

これまでお話したことは商品を仕入れてから販売する有在庫物販にについてお話しました。

無在庫物販とは読んでそのまま在庫を持ちません。

つまり、売れたら仕入れるので有在庫物販のように在庫を100万円分買ったり、売れ残って不良在庫になったり・・・なんて心配する必要がありません。
なので最低限の現金若しくはクレジットカード枠で取り組めるビジネスモデルです。

しかもAmazonだと14日に1回入金があるのでその入金された資金を更に無在庫用の仕入れ資金に増やしていけば
クレジットカード枠が少なくても(もしくはカードがなくても)現金を雪だるま式に増やしていくことが可能です。

ちなみに僕は現在この無在庫物販のみで安定的に月利100万円を達成しています。
でもカード枠は500万くらい無駄にあるという・・・

無在庫物販について情報を発信しているのでぜひメルマガ登録してくださいね。

まとめ

・月利30万円を達成しようと思うと最低でも現金若しくはカード枠は200万円必要です。60万円達成したければその倍ですね。
・自分が達成したい目標に対しての必要資金をきちんと把握しましょう。
・現金若しくはカード枠が準備できない人は中古品を取り扱う、若しくは無在庫物販に取り組みましょう