個人ビジネスで豊かな人生を送る

メルマガ会員募集中

Amazonでリピーターを獲得し一撃で数十万円売りを立てる方法

国内無在庫販売について

的場祐樹
こんにちは!的場祐樹です。

 

amazonでの販売においてリピーターを獲得することができれば

ライバルを出し抜いて優位に販売を展開していくことが可能ですよね。

 

リピーター獲得と言えば世界的なオークションサイトであるebayが有名ですが

実は国内Amazonにおいてもリピーターを獲得することは可能です。

 

リピーターを獲得できれば一人のお客さんから一撃で数十万円の

売り上げを立てることも可能です。

 

今回はその国内Amazonにおけるリピーターの獲得方法を

解説していこうと思います。

 

リピーターが獲得できるのは”need商品”ではなく”want”商品

 

need商品とは、そのまま和訳した通り人の生活において

”必要な”商品です。

 

例えば、

 

・トイレットペーパー

・ハンガー

・下着

・食器洗剤

 

などの生活において必要な商品のことを指します。

いわゆる日用品ですね。

 

こういった商品は日用品なので、そこに対して何万円も出して

商品を購入するという感覚を購入者は持っていません。

 

例えば食器洗剤を買ってくれた人に対して、「こんな洗剤もありますよ!」

と提案しても「もう買ったからいいわ」ってなりますよね。

 

そういうことです。

 

対してwant商品はなくても困らないけど欲しい、と言う欲求を

駆り立てる商品のことです。

 

例えば、

 

・フィギュアなどのホビー系の商品

・カメラ

・釣り具

・小説

 

などの趣味的要素が入っている商品というのは無くても困らないけど

それに対して”欲しい”という強い欲求を持っています。

 

例えばアニメが好きな人であれば「ルフィのフィギュア欲しい!!!!」

というのはありますよね。

 

だけど食器洗剤に対して「除菌もできるJOY欲しいいいいい」

とはなりませんよね笑

 

こういったwant商品を購入してくれた人に対しては「○○バージョンのルフィのフィギュアもありますよ!」

と提案すれば追加で買ってくれる可能性は十分にあります。

 

なのでリピーターを獲得する際にはneed商品では無く

want商品を購入してくれた購入者に対して他商品を提案していきましょう。

 

購入者に関連商品や他商品を提案する

 

例えば添付画像のようにテニスの王子さまのグッズが売れたとします。

 

 

ということはこの商品を買ってくれたお客さんはテニスの王子さまが

好きなお客さんだということは容易に想像がつきますよね。

 

この商品は先ほど説明した”want商品”ですし、このお客さんにテニスの王子さまの

別のグッズを提案すれば購入してくれるかもしれません。

 

これと同じ理屈で添付画像のように矢沢永吉のポスターを買ってくれた

お客さんに対して、矢沢永吉のほかグッズを提案すると購入してくれる可能性があります。



 

 

お客さんへの商品提案のやり方

 

具体的にどのようにして商品提案を行えば効果的か説明します。

 

添付画像の赤丸部の上部にハイフンで繋がれた数字があるので

そこをクリックします。



 

 

すると「購入者に連絡」の欄にお客さんの名前が出てくるので

その名前をクリックします。

 

すると添付画像のような画面になります。



 

 

件名を「注文情報」に変更し、テキスト入力欄に他関連商品の

オファーメールを書きます。

 

オファーメールは下記の文章を参考に作成してください。

(そのまま使っていただいても大丈夫です)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<相手の名前>様

お世話になっております。
<ショップ名>の<自分の名前>です。 この度は<購入してもらった商品名>をご購入いただきありがとうございました。
商品の状態などに問題がございましたら対応させて頂きますのでご連絡下さい。 <相手の住所の天候や時事ネタで親近感を出す話題(今日も暑いですね等)>

当ショップでは他にも<購入してもらった商品の名前(テニスの王子様など)>関連の
グッズを多数取り扱っております。

もしよろしければぜひご覧いただければと思います。
→<自分のストアフロントページのURLを記載> またのご利用を心よりお待ちしております。
<ショップ名><自分の名前>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じです。
ポイントは2点です。

相手の住所付近の天候や時事ネタの話題を出すことで親近感を
感じてもらったり、テンプレ感をなくすこと。

もう一つはストアフロントページにワンクリックで飛ばすことで
自分のショップの関連商品を簡単に見てもらえることです。

ストアフロントページの出し方

 

・Amazonに出品中の自分のショップ名をクリック

・「このショップの出品中の商品一覧」をクリック

・購入してくれた商品のジャンル名(※例 テニスの王子様)を検索窓に入れて検索

・その検索結果のURLをストアフロントページとしてメールに貼り付けます。

 

リピーター獲得には無在庫販売が圧倒的に有利

 

例えば上記の例のようにテニスの王子様のグッズを購入

してもらったとしましょう。

 

お客さんがテニスの王子様に興味があることまではわかるのですが

具体的にピンポイントに「この商品!」ということはわからないわけです。

 

ということは出品の量に限界のある有在庫より、とりあえずテニスの王子様

関連のグッズをバーっと出品して、「はい、この中から選んでね!」という感じで

提案できる無在庫販売が圧倒的に有利です。

 

そのほうがお客さんがリピートしてくれる可能性は圧倒的に高いです。

 

 

的場祐樹
僕が脱サラするきっかけになった、パソコンだけで取り組めて、高利益率・無在庫・少資金で始められる無在庫物販のノウハウを無料の動画講座で公開しております!無料ですのでぜひ学んで見てください!


メルマガ会員募集中

共有
関連
  • 無在庫転売における出品数と利益額、作業量の関係性
    2018年10月20日
    国内無在庫販売について
  • Amazonの新規出品の方法(Amazonに無い商品の出品)
    2018年10月10日
    国内無在庫販売について
  • 無在庫転売の最大のリスクを回避する方法
    2017年05月22日
    国内無在庫販売について

コメントをどうぞ

メルマガ会員募集中

カテゴリー

最新記事一覧

アーカイブ

メルマガ会員募集中

ページの先頭へ

Get Adobe Flash player