個人ビジネスで豊かな人生を送る

メルマガ会員募集中

【経験談】脱サラするには月収いくら必要?

稼ぐための考え方・マインド

的場祐樹
こんにちは!的場祐樹です。

 

副業に取り組まれている方の中には「いつかこれで脱サラしてやるぞー!」と

意気込んでやっている方も多数いらっしゃると思います。

 

そこで気になるのがいくらの収益を達成できれば

脱サラしても大丈夫なのか?

 

というところだと思います。

 

自分の今の手取り程度なのか?

その倍なのか・・・?

 

僕も元々はサラリーマンをやっていて脱サラしたわけですが

その経験をもとに脱サラしても大丈夫な基準を”僕なりの見解”を示していこうと思います。

 

安易に脱サラをするのはオススメできない

 

いきなり希望を打ち砕くようなことを言って申し訳無いのですが

単純に月収がいくらだからだという理由で脱サラするかどうかを判断するのは非常に危険です。

 

サラリーマンという職業は時間を拘束される代わりに良くも悪くも

出社さえしていれば無給になることはまず無いです。

 

これが脱サラをしてしまえば自分が働かなければ収入はゼロですし

自分がミスって発生した損失は全て自分で補填しなければいけません。

 

例えば社用車を運転中に事故って廃車にしてしまっても会社から

「車代200万円支払え!」と言われることはありませんよね。

(まあ言われるかもしれませんが実際に給与から天引きされることは無いでしょう笑)

 

これが脱サラし自分で事業をやると成功も失敗も全て自分で享受することになります。

広告費100万円かけたけど売り上げが20万円しか立たなかった、とかね笑

 

それも全部自分で補填しなければなりません。

 

まずはあなたにその覚悟があるのか?

それを踏まえて脱サラしたいのか?

 

というところがまず大前提です。

 

もしそれを受け入れる覚悟がないのであれば脱サラはまだ早いということです。

それを受け入れられる人は次を読み進めてください。

 

ビジネスモデルの継続性を検討する

 

簡単に言うと、一瞬だけ月収100万円を達成してもそれを

継続できなければ脱サラはできません。

 

僕らはあと1年や2年では死なないのですから。

 

例えば、アニメの映像をそのまんまyoutubeにアップロードして

視聴数をとって広告費を稼いでいたとしましょう。

 

このやり方は確かに一瞬稼げるかもしれませんが

確実にアカウントが停止します。

 

下手すりゃ逮捕です。

 

こう言った手法で2,3ヶ月運良く稼げて

「おっしゃー脱サラするぜー!」とかやっちゃったらもう悲惨です笑

 

他にも不用品販売で月収50万円を達成したとしましょうか。

不用品販売はその名の通り不用品を売るので不用品が無くなってしまえば

それで終了です。

 

まあ不用品販売の例はわかりやすいですが要するにそう言うことです。

今あなたが脱サラ後に収益のメインにしようとしているビジネスが

すぐに無くなってしまいそうな物ではないか?

 

それを検討する必要があります。

 

ちなみに僕がもう3年以上続けているAmazonを使った無在庫販売ビジネス

のやり方は以下の記事を参考にしてください。

 

※参考記事 Amazonを使って無在庫販売する方法

 

月収ではなくて自分の実力にフォーカスしてみる

 

自分が今取り組んでいるビジネスの継続性を確認できたら

次に自分の実力にフォーカスしてみてください。

 

例えばあなたはあるビジネスに取り組んで月収50万円を

継続的に稼いでいるとします。

 

その収益を上げられている要因のうち何%があなたの実力

が関わっているかと言うことです。

 

例えば僕があなたに物販ビジネスを教えていたとして

”僕がリサーチして仕入れた利益が出る商品をそのまま横流しします!”

と言うサービスがあったとしましょうか。

 

あなたはこの僕のサービスを利用して毎月安定的に

月収50万円を達成していたとします。

 

この50万円はあなたの実力でしょうか?

と言うお話です。

 

まあこれは極端な例ですが、これに似たような話はよくあります。

 

もしこれであなたが自分の実力を勘違いし脱サラして、もし僕が

「やっぱ自分ちで売った方が利益出るからこのサービス終了するわ」

と言い出したら、あなたの収益はゼロになり路頭に迷うことになるでしょう。

 

これが”自分の実力にフォーカスしてみる”と言うことです。

 

もし今のあなたの収益のうち、20%以上が他者要因だと

脱サラすることは再検討したほうが無難です。

 

 

キャッシュポイントを2つ以上持つ

 

今取り組んでいるビジネスの継続性、自分の実力が確保できたら

次はキャッシュポイントを2つ以上持つことを考えましょう。

 

最低2つです。

 

ビジネスの継続性もある!自分の実力もある!と言う状況でも

収益を1つのビジネスモデルに依存した状態で脱サラすることは危険です。

 

もしその1つがダメになったら・・・

あなたの収益はゼロになってしまいます。

 

一つのビジネスモデルを確立させながら2つ目のビジネスを立ち上げることは

それなりに自分にビジネスをやっていく力がないと出来ないことです。

 

普通の人は1つのビジネスモデルでいっぱいいっぱいです。

 

本格的に脱サラを検討している方は2つ目のキャッシュポイントの

確立にチャレンジしていきましょう!

 

自分の実力でキャッシュポイントを2つ構築できれば問題なし

 

とは言え、ビジネスを2つ確立することに成功したとしても

その二つが5年後、10年後通用しているかは不明です。

 

もしかしたら2つとも無くなっているかもしれません。

それでも大丈夫です。

 

ビジネスの収益化はノウハウの流行り廃れこそあれど

”何かで収益化をする”と言うのは根本のやり方は変わりません。

 

情報を取る→取捨選択→学ぶ→失敗する→改善する→以下成功するまで失敗&改善

 

これがきちんと出来れば何に取り組んでも

収益の柱を作ることは可能です。

 

もし2つのキャッシュポイントを作れていればこの能力は

基本的に備わっていることでしょう。

 

あとは勢いで脱サラしちゃってください笑

この能力があればなんとかなります。

 

それでも脱サラは勇気がいること

 

僕も「いつかは脱サラしてやるぞー!」と鼻息を荒くして副業を

やっていました。

 

そして月収で60万円を達成した時に本格的に上記を検討し始めて

最終的に月収が180万円で脱サラをしました。

 

普通に考えれば大丈夫なはずなのですが、会社も誰も一切守ってくれない

”全て”において自己責任の世界に一人で出ていくことは勇気がいりました。

 

でもどこかで踏ん切りつけないと目標である脱サラは達成できなかったので

思い切って脱サラしちゃいました。

 

”一歩踏み出せるかどうか”

 

ここも大きな要因になってくると思います。

 

まあキャッシュポイントを自分の実力で2つ以上作れれば

実力あるのでなんとかなります!

 

思い切ってやっちゃいましょう笑

人生一回ですしね。

 

的場祐樹
あなたにAmazonを使って無在庫販売をする方法をマスターしてもらうために無料の動画講座でノウハウを公開しております!無料ですのでぜひ学んで見てください!


メルマガ会員募集中

共有
関連
  • ネットビジネスで稼げない人の特徴と傾向
    2018年09月23日
    稼ぐための考え方・マインド
  • 相手の立場に立って考えよう
    2017年01月29日
    稼ぐための考え方・マインド
  • Amazonで物を転売することは悪なのか
    2016年08月9日
    稼ぐための考え方・マインド

コメントをどうぞ

メルマガ会員募集中

カテゴリー

最新記事一覧

アーカイブ

メルマガ会員募集中

ページの先頭へ

Get Adobe Flash player