個人ビジネスで豊かな人生を送る

メルマガ会員募集中

転売における全リスクと回避方法を解説!

物販初心者のための記事

的場祐樹
こんにちは!的場祐樹です。

 

ネットビジネスでの副業を検討されている方で転売を

検討されている方は非常に多いと思います。

 

そこで気になるのが・・・

転売におけるリスクですよね。

 

そこで今回はあらゆる手法の転売を実践してきた僕が

転売における全リスクと対処方法を解説していきたいと思います。

 

 

リスクその1 初期費用

 

まず転売を始めるための初期費用を算出しておこうと思います。

仮に全く稼げなかった場合はこの初期費用が回収できないというリスクが生まれることになります。

 

あらゆる転売手法がありますが今回は販売先をAmazonにした場合で

計算していきますね。

 

【初期費用】

Amazon出品サービス登録料・・・・月5000円

インターネット使用料・・・・月5000円

パソコン・・・・100000円

 

以上です!

こう見ると結構少ない。

 

まあパソコンを持っていない人やインターネット環境がない人なんて

この時代ほとんどいないでしょうから、実質初期費用はAmazonの出品サービス利用料の

5000円くらいのもんです。

 

転売で全く稼げなかった場合このAmazon利用料の5000円が赤字になるので

まずはこれがリスクになりますね。

 

逆にいうと初期費用5000円で月商数百万円のビジネスを

展開できるのだからすごいもんです・・・

 

的場祐樹
この初期費用5000円のリスク回避方法は「頑張って稼ぐ!」以上!笑

 

5000円なんてやっていれば普通に稼げます。

頑張りましょう。

 

リスクその2 不良在庫

 

在庫を持って転売を行う場合、手持ちの在庫が売れないというリスクが

常に付きまとってきます。

 

例えば5万円のカメラをクレジットカードで仕入れて

そのカードの支払日までに売れなければあなたの貯金から

カードの支払いを行わなければなりません。

 

こういった不良在庫を持ちすぎるとカードの支払日にトンデモナイ請求額

が来て、自分の貯金ではどうにもならずリボ払いをし延々とリボ手数料を

返し続けるという悲惨な事態にもなります。

 

(実際にそういう知り合いをたくさん見て来た・・・)

 

転売のリスクにおいて最も避けるべきリスクはこの不良在庫リスクで

回避しようと思ったら以下のような対策を取ります。

 

【モノレートでその商品の売れ行きを分析する】

 

モノレートというのはある商品のAmazonにおける売れ行きを

調べることができる無料ツールです。

 

※モノレート

https://mnrate.com

 

このモノレートに自分が仕入れを検討している商品の名前を打ち込み

売れ行きを確認します。

 

例えばとある商品の1ヶ月間の売れ行きは画像のような感じです。



 

 
「ランキング」というグラフを見てください。折れ線グラフになっています。


この折れ線グラフが下に「ピコッ」と下がっている部分がありますよね。

 

これがAmazonでこの商品が売れたというサインになります。

 

ちょっとカウントして見ると大体20回ほどこの商品は

Amazonで売れていることがわかります。

 

次に見て欲しいのがこのグラフのX軸です。

これはこの商品がAmazonで売れたかどうかを計測した期間になります。

 

これを見ると計測期間は大体3ヶ月くらいになります。

ということは・・・

 

このとある商品はAmazonで3ヶ月で20個くらい売れる商品だということがわかります。

つまりこの商品は1ヶ月で6〜7個売れる計算になります。

 

この商品をカードで仕入れた場合、カードの請求は最長で50日後くらいなので

自分がカードで一個仕入れたところでカードの請求までには販売できそうだなということが予想できます。

 

なのでこの商品は仕入れたところで不良在庫になるリスクは

少なそうだなと判断できます。

 

今回の例のようなAmazonでよく売れている商品を仕入れていけば

不良在庫を抱えるリスクは極力小さくすることができます。

 

リスクその3 赤字販売リスク

 

「よっしゃAmazonでめちゃ売れる商品仕入れたでー!」と喜んでいても

今度は赤字販売になってしまうリスクが付きまとって来ます。

 

今度は赤字販売リスクに対しての対策を紹介します。

 

先ほどのとある商品のモノレート画像をもう一度出しますね。

 



 

 
こちらの画像を見る限り確かにAmazonでの売れ行きは良さそうです。

けれど今度はランキングのグラフの一個上の出品者数のグラフを見てください。

 

7/30を境に出品者数が急増していますよね。

 

この商品のAmazonでの最安値は大体9万円です。

(※最安値のグラフ参照)

 

これをあなたは7万円で仕入れたとしましょう。

普通に売れれば手数料のぞいて15000円くらいの利益になります。

 

ただ先ほどもお伝えしたように出品者数が7/30を境に急激に増えた上

出品者数が現在40人ほどいます。

 

どういうことかというと、この商品をAmazonで販売しようとしている人が

自分以外に40人もいるということです。

 

そうなると当然価格競争が起こって来ます。

そうして当初9万円で販売する予定だったものが8万円、7.5万円、6万円と値下がっていき

最終的に赤字販売になってしまったということもよくあります。

 

 

こういった赤字販売リスクを避けるための対策は2つあります。

以下に示します。

 

・Amazonでの出品者数が20人以上の商品は避ける

・見込み販売価格に対して仕入れ価格の余裕を見る

 

今回の商品でいうと9万円で販売予定であれば仕入れ値が8万円であれば

価格競争に巻き込まれ赤字販売になってしまうリスクが大きいです。

 

仕入れ価格が7万円でもちょっと心もとないです。

理想では6万円仕入れですかね。

 

 

赤字販売リスクを避けるためにはAmazonでの既存の出品者数が20人以上の商品は

仕入れを避けるか、予定販売価格に対して余裕を持った仕入れをすることで避けられます。

 

 

不良在庫リスク赤字販売リスクを100%避ける方法

 

先ほど紹介した対策をすることによってあなたが破産してしまうような

ことはなくなるはずです。

 

だけど在庫を持って転売をやっている限り

不良在庫リスク、赤字リスクは100%避けることは不可能です。

 

では転売とは常にこの2つのリスクを抱えながらやらなければいけないか

というと、実はこの2つのリスクを100%避ける方法があります。

 

それは在庫を持たない「無在庫転売」というビジネスモデルを取り入れることです。

 

無在庫転売とは、お客さんから注文を受けてから商品を仕入れる

ビジネスモデルです。

 

注文が確定してから仕入れるので不良在庫は起こりえませんし

そもそも赤字販売になりそうな商品は取り扱わなければいいのです。

 

この無在庫販売というビジネスモデルを取り入れれば

不良在庫リスク、赤字リスクは完全に排除できます。

 

無在庫販売の詳しいやり方については

以下の記事を参考にして見てください!

 

※参考記事 Amazonを使って無在庫販売する方法

 

 

的場祐樹
あなたにAmazonを使って無在庫販売をする方法をマスターしてもらうために無料の動画講座でノウハウを公開しております!無料ですのでぜひ学んで見てください!


メルマガ会員募集中

共有
関連
  • 物販でほとんどのひとが稼げない理由
    2016年12月28日
    物販初心者のための記事
  • 完全在宅で旦那の給料の3倍稼ぐ方法
    2017年06月10日
    物販初心者のための記事
  • ネットビジネス初心者は物販から!これゼッタイ!
    2016年08月5日
    物販初心者のための記事

コメントをどうぞ

メルマガ会員募集中

カテゴリー

最新記事一覧

アーカイブ

メルマガ会員募集中

ページの先頭へ

Get Adobe Flash player